施工事例

楠邸大谷石蔵

平成22年3月着工
建築面積 38.65㎡

宇都宮市、鶴田第二土地区画整理事業に伴い、1962年(昭和37年)に建造された楠邸石蔵を曳家。
大谷石造2階の石蔵は当物件所有者の楠氏も石を担いで建造に関わった。
重量約90tの石蔵を170m、回転185°、高低差2.6mの下家工に加え、道路を横断する工事となった。