旧篠原邸曳家工事

旧篠原邸は明治28年(1895)に建造。黒漆喰や大谷石を用いた外観延べ面積100坪(約330㎡)の堂々たる規模。平成7年宇都宮市指定有形文化財・平成12年国指定重要文化財となる。昭和39年道路拡張により曳家工法で移転する。